闇金被害を解決する上で司法書士ができること、できないこと


闇金業者相手に交渉する場合に司法書士には”代理権の範囲”が法律により、
司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価額が140万円以内のものに規定されています。

 

この「訴訟や紛争の目的の価額(140万円)」は、任意整理手続きにおいては、債務者の受ける経済的な利益のことです。
たとえば、利息制限法の上限利率を超える利率で計算された300万円の債務を、利息制限法に基づいて引き直し計算をして、200万円とした場合、債務者の受ける経済的利益は100万円ということになり、司法書士の代理権の上限140万円を超えないので、司法書士が代理することができる案件ということになります。

 

また、この計算は1社ごとに行いますので、100万円未満の金融会社が5社あるというような場合であっても、140万円を超えない限り司法書士の代理権の範囲を超えるということにはなりません。

 

トップページへ