闇金の種類



違法な闇金融業者の手口あれこれ>

登録詐称業者

広告の登録番号の表示に架空の登録番号を使用したり、他の貸金業者の登録番号を使用するなどして登録業者を装う。

 

090金融

勧誘のチラシに携帯電話の番号と業者名しか書かず、正体を明かさないまま、違
法な高金利で小口の融資を行う手法です。借主と闇金との連絡はすべて携帯電話で行い直接に顔を合わせることは、まずありません。

延滞したときの取り立ては貸付する際に聞き取った本人及び家族の職場や親族の連絡先などに昼夜問わず行います。

 

押し貸し

契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な高金利の利息な
どを請求します。特に完済した相手の口座に勝手に送金して取り立て行為をする悪質な業者がいます。

 

紹介屋

あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、借入れた金額の一部を紹介料としてだまし取る業者です。

 

整理屋

「あなたの債務を整理・解決します」などと広告し、多重債務者から「整理手付金」といった名目で現金などを預かり、整理をしないでだまし取るやからです。

 

車金融

これは電柱や駐車場のフェンスなどに張り紙がしてあり、よく見かける形態です。車を担保に融資を
受けても自分の車に乗ったままでOKというやつです。

 

申し込み時に、免許証、車検証、実印、印鑑証明、住民票が必要になります。

その他にも車の保険証やガソリン代の領収書の提示を求められる場合もあります。

 

万が一、返済不能の場合には担保金額で車が買取られることになります

リース形式をとる場合は、車の売買という名目で融資が行われ、手続料や査定費用が天引きされます。

この方法では借金返済ではなく、リース料の名目で元金と利息を返済する仕組みで、返済が延滞れば車が回収されることになります。

 

デリバリー金融

これは、電柱や壁への張り紙や、ポストへの投げ込みチラシで勧誘するもので、電話をもらえれば即日に自宅までお金を届ける仕組みです。

一見すると便利のようですが高金利で貸し付ける闇金です。

 

 

不幸にも、闇金の被害を受けているのなら、1日も早く彼らと手を切らねば幸せな未来は望めません。

闇金に終わりなき返済をするに比べれば、わずかな費用で闇金業者相手に交渉する代理人を雇い確実に清算しなければなりません。

 

まずは無料の電話相談を利用して、あなたの現状に合った対策を立ててもらいましょう。

 

トップページへ